着物de海外 

KIMONO de OVERSEA 着物で外国を旅しています。

自力で着物をレンタルしたフレンチボーイと人力車。Welcome to 浅草!第2弾

気づけば6月も下旬。

最近は毎日が雨ばっかりで5月の爽やかな日々のことなんて思い出せませんが、今年のGWはそこそこの天気でした。

GWは海外からの旅行客でどこもごった返していましたね。

私も、日本に遊びに来ていたフランス人Pabloに浅草を案内することに。

「せっかくだから私は浴衣(YUKATA, a kind of KIMONO.It's summer ver.)を着ていくね」と伝えて、当日は雷門の前で待ち合わせ。

とにかくすごい混雑…日本語ほとんどできないPablo、行き着けるのか。

 

と、顔を上げるとなんと!浴衣を着たPabloが!!!

 

「何件も電話をしたんだけど、どこも予約がいっぱいで…当日キャンセル待ちでどうにかさっき着付けてもらい終わったんだ。みつねを驚かせたくて黙ってたんだけど、似合う?」

 

身長が高いので一番大きいサイズでもツンツルテンでしたが、それはご愛嬌。足がスースーして心許ない、バスローブみたいだ、と言っていました。

f:id:KIMONOdeKAIGAI:20180621222046j:plain

せっかくなので、人力車に乗りました。

最近は、英語対応可な人力車ばかりでありがたいですね。

 

f:id:KIMONOdeKAIGAI:20180621222126j:plain

抹茶(macha)と煎茶の違いを説明できず、a kind of greenteaとしか言えず…芋羊羹も初めて食べる味みたいでしたが、おいしく食べていました。like a sweet poteto?

ちなみにこの日はこの後、上野の居酒屋で白子ポン酢・なめろう・あん肝ポン酢・塩辛etc、日本の珍味も食べてもらいました。

「白子」の説明ができず、google翻訳をしてもPabloもそんな英単語知らず(そりゃ使わないわ)、結局「人間だとこの部位」とイラスト図を見せました。

驚いていたけど、ちゃんと食べたのエライ。

 

f:id:KIMONOdeKAIGAI:20180621222228j:plain

最後はやっぱりおみくじで!

ちなみにこの日はすでに御守所は閉まっていたのですが、

私が資格試験を控えていることを知っていたPabloは翌日一人で浅草寺の御守りを買って、最終日に渡してくれたんです。

感動。ありがとう!

 

わざわざ着物レンタルして全力で楽しんでくれたPablo。

また日本に来るときは連絡してね!

written by Mitsune