着物de海外 

KIMONO de OVERSEA 着物で外国を旅しています。

浴衣de台湾。Kawaiiが嬉しい浴衣旅、台湾はやっぱり素敵なところでだった

ご無沙汰しております。久しぶりの更新!

1年ぶりの海外で、前回チベットの時は高山病が怖くて苦しいのは避けたので、浴衣で行くのは約1年半ぶり。今回は家族と台湾旅行です。

f:id:KIMONOdeKAIGAI:20151103203935j:plain

暖かかったので浴衣。海外行くとき、いつもこの柄な気がする…

 

台湾といえば、前回日本に遊びにきてくれたDerekがくれた観光ブックがあったので、もちろん持参。

台北は、ちょいちょい日本のものもあって親しみやすい街でした。セブンイレブンファミリーマートもあるし、証明写真の「写ルンです」もある。

今までで一番、浴衣が馴染んだかもしれません。注目を集めることも特になく。

(…と思っていたのは私だけだった模様。家族から「見られてた」と指摘が入りました。とはいえ母親とはベトナムカンボジアにも一緒に行ってるのですが、その時と比べるとやはり声をかけられる回数は少なかったと話していました。)

街を歩く中で、台湾語を話せる妹が「いま『素敵だね』って言われてたよ」と教えてくれたりもして。「kawaii」は、私にも聞き取れたので嬉しかったなあ。

可愛くておしゃれな女の子に言われると笑顔になっちゃう❤

 

妹とおいしいご飯を探すの図。

f:id:KIMONOdeKAIGAI:20151029220427j:plain

朝のおかゆはおすすめ。安心できる味…!

龍山寺に行ったときには、周りにいたおじいちゃんおばあちゃんがにこにこしながら手を振ってくれました。

そして「ハイハイ!待って、カワイイ」ってスマホかざしながら、片言の日本語で話しかけてくれたマスクの男性。

f:id:KIMONOdeKAIGAI:20151029220433p:plain

せっかくなので一緒にパチリ。

龍山寺には、勉強したり祈りを捧げたりするひとが大勢いましたが、お年寄りが多くて町の寄合所のよう。

日本のお寺も、近年地域コミュニティに根ざす活動を始めていますが、龍山寺を見ていると超高齢化社会の日本でも「ゆるやかにお年寄りが繋がる場」として可能性があるなあと感じました。宗教への関心の濃さ薄さはあるけども…

 

そして地下鉄の駅でくまもん発見。

f:id:KIMONOdeKAIGAI:20151029220525j:plain

こんなところまでゆるキャラ進出!熊本特派員さすが!

留学の時に仲良くなった台湾人のみんなは、日本のアニメや漫画にめちゃめちゃ詳しかったのですが、本当に日本カルチャーがあらゆるところにあって嬉しかった!

もちろん台湾らしさもたっぷりあって、素敵な街でした。特にやっぱり夜市。おうちで料理する習慣があまり無いってすごく不思議な感じ…

 

着物de海外デビューするなら、台湾は一番おすすめです。

f:id:KIMONOdeKAIGAI:20151029220533j:plain

Written by Mitsune

⬇️台湾からお友達が来た時の浅草観光