着物de海外 

KIMONO de OVERSEA 着物で外国を旅しています。

海外を安全に旅するための、6つの情報収集

日本は世界でも有数の「治安が良い国」です。

海外で日本と同じ感覚で過ごすと、トラブルに巻き込まれる危険が増す可能性もあります。

 

その土地を「知る」ことが、自己防衛の第一歩です。

以下に、身の安全を守るのに役立つ、6つの情報収集のヒントをご紹介します。

 

①ガイドブックなどで治安と文化・習慣の概要を調べる

多くのガイドブックには、巻頭もしくは巻末などに、治安情報が簡潔に載っています。最低限ガイドブックの治安情報だけは確認した方が良いでしょう。さらに、大抵その土地の文化・習慣についても掲載されているので、特に日本と違う点は押さえておきましょう。

 

「旅慣れているからガイドブックは読まないよ」という方もいますが、治安についての常識、文化・習慣についての常識は国ごとに違うので、やはり最低限の情報収集はした方が良いと思います。

 

たとえばタクシーに関しては、「流しのタクシーは危ないので、ホテルで呼ぶかタクシー乗り場を利用した方が良い」などと一般的に言われますが、タイなどでは「観光地前に停まっているタクシーは“カモ”を待っている可能性があるので、流しのタクシーを掴まえた方が良い」なんて違いがあったりもします。

 

また、「外国人の立ち入りがタブーとされている神聖な場所」などもあるので、事前に調べておけば知らずに立ち入ることを避けられます。

 

ただし、ガイドブックの記述だけでは情報量が少なく、本によっては古い情報である可能性もあります。そんな時に活用したいのが、次にご紹介する外務省のWEBサイトです。

 

②「外務省 海外安全ホームページ」を活用する

「国 ・地域別の渡航情報」の地図をクリックすると、各国の危険情報を閲覧できます。

http://www.anzen.mofa.go.jp/

 

国内の地域ごとの危険度が載っていて、危険な場合は「十分注意してください。」「渡航の是非を検討してください。」など四段階で危険度が示されています。

 

同サイト内の「安全対策基礎データ」には、犯罪の発生状況が載っていて、その地域でよくある犯罪の手口などが紹介されています。

防犯対策なども載っているので、とても参考になります。

 

もっと詳しい情報が欲しいときは、「在留邦人向け安全の手引き」を参照するのがおすすめです。

http://www.anzen.mofa.go.jp/manual/index.html

 

③ローカルな情報はWEBで検索する

上記の外務省のWEBサイトは、入手できる治安情報の中でも精度が高いとは思いますが、ごくごくローカルな場所の治安を調べるには向いていません。

 

情報が少なく不安な時は、「リバーサイド地区 治安」のように、

・目的地の地名:「地区名」「観光ポイントの名前」「ストリートの名前」など

・「治安」「犯罪」「観光 トラブル」

を組み合わせたワードで検索して、民間団体の情報サイトや個人の口コミなどを調べ、その中から信憑性が高そうな情報を参考にすると良いとと思います。

 

④現地の信頼できる人に聞く

「あの通りが危ない」「××の東側は女性だけで歩くのは危険」など、その町ごとの細かいエリアの情報は、日本では調べきれないことも多いのが現状です。

 

なので、市内や空港の観光案内所、交番、ホテルのスタッフ、ツアー参加ならガイドさんなど、できるだけ信頼できそうな方に質問するのがおすすめです。

 

安全と言われる国では不要かもしれませんが、不安を感じる場合は、「立ち入らない方が良いエリアはどこか」「タクシーはどこでどう捕まえるのが良いか」「昼と夜で治安に違いはあるか」など、現地で情報収集すると良いと思います。

 

⑤事前に地図を頭に入れる

迷子になると、トラブルに遭遇する可能性は増えます。

まずは自分がどこにいるか分からなくならないよう、気をつけましょう。

宿泊場所や訪れる場所が面している通り・地区・最寄駅の名前、市内の主要駅や名所、大通りの位置関係などは把握しておくと良いでしょう。

 

土地勘がないのが相手に伝わると、タクシーでの料金交渉が不利になったり、親切を装って案内料をせびる人に目をつけられやすくなります。最悪、悪意がある人に「目的地と違う場所に連れて行っても気付かない」とターゲットにされる危険が増すこともあるかもしれません。

 

できるだけ地図を頭に入れて、土地勘のなさを利用しようとする人に「NO」と言えるようにしましょう。

 

 ⑥公共交通機関について調べる

公共交通機関については、上記の手段などを活用しながら、特に詳しく調べることをオススメします。

 

それぞれの公共交通機関の安全性

地域によっては、「空港で白タクによるぼったくり被害が頻出」「早朝深夜の駅構内はスリや強盗が出る」など、安全性が低い公共交通機関もあります。行きたい場所に移動するために使う公共交通機関が、危険でないかどうかは事前に調べましょう。

 

終電車(バス)の時刻

「空港に深夜に着いたが市内への終電がない」「郊外に日帰りをしたが、まだ夕方なのに市内への終バスが終わっていた」なんて事態になったら、夜に路頭に迷うことになり大変危険です。必ず利用するものは時刻表を調べておいたり、行きの電車やバスを降りるときに係員に終電・バスの時刻を聞くと良いでしょう。

 

駅周辺の治安

駅やバス・タクシー乗り場の周辺は、治安が悪い場合があります。混雑しているのでスリが紛れやすかったり、タクシーの乗降車時に貴重品を狙われる被害もあります。利用駅周辺の時間帯ごとの治安、場所ごとの治安(東口は安全だが西口は要注意など)、よくある盗みや詐欺の手口などを調べて、危険を避けるのに役立てましょう。

 

 

 

以上、6つの情報収集のヒントは参考になりましたでしょうか? 

 

これらの情報が、読んで下さった方が旅を安全に楽しむお力添えになれば幸いです。

 

Writing by Erina