着物de海外 

KIMONO de OVERSEA 着物で外国を旅しています。

アジサイ咲く鎌倉を、紗の着物で歩く ―報国寺にて、スペイン語でメキシコ人ファミリーと交流―

去年のこと、友人に「鎌倉のアジサイを見に行かない?」と誘われて、せっかくなので着物で鎌倉に遊びに行きました。

季節は7月、爽快な夏に似合う「紗」の着物を選びました。

生地に透け感があって涼しげで、実際にも暑くならずに快適です。

 

 

まずは、竹林が美しい報国寺へ。

「写真撮ってもいいですか?」

一眼レフを持った男性に声をかけられ、話を聞くと写真を撮りながら日本一周をしているそう。

神奈川が45県目で、一周目前!

カメラマンを目指してるんだって。竹林の中で、一枚撮ってくれました。

f:id:KIMONOdeKAIGAI:20150301161944j:plain

 

報国寺の東屋でまったり抹茶を飲んでいると、隣からスペイン語が聞こえてきました。

私も友人も、第二外国語はスペイン語だったので、勇気を出して話しかけてみました。

「De donde sois?」(どちらから来たんですか?)

「Puedes hablar el español?」(スペイン語、話せるの?)

「Un poquito. Nosotoros estudiamos el español en la universida.」(少しだけ。大学でスペイン語を勉強しました。)

メキシコから家族旅行で来たそうです。

ご家族「¿Podemos sacar una foto juntos?」(写真を撮っても良いですか?)

私たち「¡Claro!」(もちろん!)

と言う訳で、一緒にぱしゃり。

f:id:KIMONOdeKAIGAI:20150301162608j:plain

手前の水色のTシャツの男の子は、最初ははにかんで一緒に写っていなかったんだけど、

友人がすかさず「¡Contigo!」(あなたも一緒に!)と呼び掛けたら、一緒に写ってくれました。

スペイン語をやっていた時は「このスペイン語がいつ役に立つんだろう…」と思ったけど、まさかの鎌倉で使えました♪

 

次は、江ノ電に乗って長谷寺へ。

f:id:KIMONOdeKAIGAI:20150301162823j:plain

境内にはいつも季節の花が咲いていて、その美しい風情から「鎌倉の西方極楽浄土」と呼ばれているそうです。

この季節は、アジサイ。なんと、40種類以上・約2500株ものアジサイが咲き誇っていました。

f:id:KIMONOdeKAIGAI:20150301163026j:plain

梅雨も明けて爽快な天気の中、あじさいを楽しみました。

お地蔵さんにもお参り。

f:id:KIMONOdeKAIGAI:20150301163238j:plain

長谷寺の山を登ると、湘南の海と鎌倉の街並みが一望できる「見晴らし台」もあります。

f:id:KIMONOdeKAIGAI:20150301163434j:plain

 

長谷寺を堪能したあとは、江ノ電で鎌倉中心部に戻って、「コクリコ」のクレープを食べながら鶴岡八幡宮を歩いて、本日の着物散策は終了です。

鶴岡八幡宮の睡蓮。日も傾いてきたので花が閉じています。

f:id:KIMONOdeKAIGAI:20150301163833j:plain

 

鎌倉は4回目だけど、今回は通りすがりの方との交流があって一番面白かった!

着物のおかげです♪

 

Written by Erina